婦人

驚きの素肌を実現する美白美容液の成分とは

使い方のポイント

化粧品

ニキビケアの注意点

ニキビに効果的な化粧水成分にビタミンc誘導体があります。ビタミンc誘導体には、ニキビの炎症を抑える働きがあります。しかし、ニキビが化膿してしまっていたり、炎症がひどくなっていると効果がないので、炎症する前に使うのがポイントです。また、ビタミンc誘導体にはニキビの炎症あとを早く治す効果もあります。よく炎症したあとに出来やすいのが赤みです。ニキビ跡の赤みは年をとると治りにくくなります。ビタミンc誘導体を配合した化粧水でケアをすれば、赤みを薄くできます。また、シミになったニキビ跡にもビタミンc誘導体が効きます。ただし、色素沈着がひどくなると治りも遅くなるので、気がついたら早めにケアをすることが大切です。

ビタミンCの働き

ビタミンCは体内で作れない栄養素です。そのため、食事から積極的に摂取する必要があります。ただし、水溶性のビタミンCは体内に溜め込むことができないので、サプリメントを活用してこまめに摂取するのが理想的です。1日に2000mgのビタミンCを摂取すると美肌やアンチエイジング効果が出やすくなります。ビタミンc誘導体はビタミンCそのままの働きを持つ化粧水成分です。肌につけると浸透し、ビタミンCとして内部で働きます。経口摂取とは違い、つけた部分だけピンポイントで働くのがビタミンc誘導体の特徴です。ニキビやニキビ跡の改善の他に、シミを消す効果や透明感を出す効果、毛穴や小じわを目立たなくする効果などがあります。