ウーマン

驚きの素肌を実現する美白美容液の成分とは

ふさふさの目元にする方法

まつげ

まつげを増やすには、まず抜け毛を予防することが大切です。まつげの抜け毛を予防し、しっかりと伸ばすにはワセリンなどでまつげ根元の保湿をしてあげましょう。また、日頃のスキンケアでも刺激を与えないようにしたりマッサージなどの工夫をすることでより早く伸ばすことができます。

More...

使い方のポイント

化粧品

ビタミンc誘導体はビタミンCを化粧水成分にしたものです。ビタミンCは美肌作りに必要不可欠な栄養素です。ビタミンc誘導体で肌にビタミンCを浸透させれば、ニキビやニキビ跡、シミやしわ、毛穴などを改善できます。

More...

フルーツから抽出される

コスメティック

浸透パワーが上がる

くすみを解決し肌を明るくする美白成分は、どれも刺激が強いのが難点です。そのため肌の弱い敏感肌の人は美白成分が使えないと言われていました。そんな悩みを解決したのが、フルーツから抽出される「アルブチン」です。この成分は梨やコケモモなどに含まれていて、低刺激で安全性に優れています。深部まで到達させるパワーは、ビタミンC誘導体やハイドロキノンには劣りますが、肌トラブルが少ないのが利点です。アルブチンを使用した美容液を使えば、古い角質が剥がれやすい肌質になり、徐々にくすみも解消されていきます。美容液を使う前にローションを使用するのが一般的です。さらに「ブースター」を使うことで浸透パワーがぐんぐん上がります。

ゆっくり効果が表れる

美白成分の「アルブチン」を使用した美容液には、大きく分けるとジェルタイプとクリームタイプがあります。ジェルはさっぱり、クリームはしっとりとした「使用感」を好む人に合っています。どちらが保湿に富んでいるかと迷う人もいますが、大差はなく好みの問題です。アルブチン配合の美容液はくすみには効果的ですが、できてしまったシミを薄くする効果は認められていません。美白目的で、あくまでもシミをできにくくするための化粧品です。できてしまったシミを解消したい場合は、またケア方法が別になります。アルブチンは肌にやさしい成分なので即効性はありません。人によって異なりますが、ゆっくりと時間をかけて効果を発揮させていきます。

お肌に潤いを

コスメティック

お肌にとって保湿はとても重要なことです。含まれている成分などをチェックして、きちんと保湿力のある自分に合った化粧水を選ぶことがお肌のトラブル解決に効果的で、日々のスキンケアでとても重要なことなのです。

More...